『特徴』を英語でどういうかわかりますか?

英語 特徴 独学英会話

国際結婚で、毎年NYへの帰省を余儀なくされた27歳会社員。妻子への責任と、働きたくない気持ちの狭間で揺れ動くセルフィッシュジャパニーズ、妻はポーランド人。

記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください

わからないことはいつもグーグル、うめしです。
 
 
国際結婚をしていても、わからない単語だらけで途方に暮れている毎日です。
普段使わない言葉はすぐには思いつかないですよね。

「学生時代必死で勉強した英単語が、何故か必要な時にでてこない。」なんてことありませんか?

私のように不真面目な学生だったなら尚更。
 
 
今回は『特徴』という意味をもつ、英単語をまとめました。
 
 

スポンサーリンク

そもそも特徴の意味とは?

特徴的

他と比べて特に目立ったり、他との区別に役立ったりする点を意味します。
 
 
日本語では『特徴』と一括りにされますが、英語ではいくつかの単語が『特徴』を意味します。

場面に適した使用方法があることをご存知でしょうか?

それぞれの単語が意味する内容を理解して英会話力をアップさせましょう!
 
 

スポンサーリンク

ベーシックに使える特徴【characteristic】

characteristicsはよく使われる一般的な「特徴」です。

人、物、事、全てに幅広く使用することができ、他と区別できる性質を意味します。
1つの人、物、事が複数の特徴をもつことが多いため、複数形characteristicsとして使用される事が多いです。

“Patient is one of his characteristics.”
「我慢強さは彼の1つの特徴です。」

“He likes the characteristic smell of gasoline.”
「彼はガソリン独特の匂いが好きです。」(意訳:あいつはやべー奴や。)

 
 

スポンサーリンク

顔立ちなど視覚的な特徴で使える【feature】

featureは人の注意を引くような「特徴」です。

興味や注意を引く特色や、他とは際立って違う特徴を意味します。
顔立ちなど視覚的な特徴でもこの英単語が使用されます。

“Her best feature is her eyes.”
「彼女の最も美しい特徴は瞳です。」(意訳:あの子の目がむっちゃ綺麗、好きっ!)

“This is a valuable feature.”
「これは価値のある特徴です。」

 
 

スポンサーリンク

本質や資質的な特徴を意味する【quality】

qualityは人や物が持つ本質や資質的な「特徴」です。

品質という意味でよく使う英単語ですが、表面的には見えない特徴を意味します。

“She doesn’t have the right qualities for the job.”
「彼女にはその仕事への適切な資質がないです。」(意訳:あの子はこの仕事むいてないっすね。)

“He will be a Kaizoku-oh. He has the quality of a king”
「彼は海賊王になるでしょう。彼には王の資質があります。」

 
 

スポンサーリンク

物質の特性を意味する【property】

propertyは物質が元々もっている特性を意味する「特徴」です。

物質の特性の他に、所有物や資産という意味もあります。
科学者や建築家など、材料を取り扱う職業の方は使用頻度が多いかもしれません。

“Do you know the properties of gold?”
「金の特性について知っていますか?」

“It has the property of being flexible.”
「それは柔軟性をもっている。」

 
 

スポンサーリンク

国民性や個人の傾向を意味する【trait】

traitは国民性や個人の習性、傾向を表す「特徴」です。

遺伝によって受け継がれるような特徴でも使われます。
ある国の国民性について話したりするような時に活用できます。

“He gets a lot of his traits from his mother.”
「彼は母親から多くの特徴を受け継いでいます。」(意訳:お前、かーちゃんそっくりだな。)

“Modesty was regarded as a common trait of the Japanese.”
「謙遜は日本人の国民性だとされていた。」

 
 

スポンサーリンク

他とは違う特徴がある場合や個性に使える【unique】

uniqueは珍しい他にはない独特な「特徴」です。

他には類をみないような独特な特徴を表す際によく使います。
ポジティブな使用方法が多く、他よりも目立って優れているような場合でも使われます。

“Her piano technique is really unique!”
「彼女のピアノの演奏技術は(他には類をみないほど)素晴らしい!」

“NYC is a very unique city.”
「ニューヨークはとても特徴的な都市です。」

 
 

スポンサーリンク

強く他と区別する際に使える【distinct】

distinctは他との違いを強調して区別する「特徴」です。

性質が異なっていたり、明確に違うことを表したいときに使えます。

“Dogs and cats are distinct animals.”
「犬と猫は全く別の動物です。」(意訳:犬派と猫派に中立など存在しない。)

“He has a distinct face.”
「彼の顔ははっきりしています。」(意訳:顔が濃い。)

 
 

スポンサーリンク

「特徴」を意味する英単語まとめ

今回は、「特徴」を意味する英単語として7つの単語をピックアップしました。

実際はまだいくつかあるのですが、使用頻度を考えて選抜しました。

使用頻度で言うならcharacteristic一本でもいいような気もしますが、使いわけができるとより英会話が楽しくなると思います。
 
 
上記の英単語達をちょっとしたチップとして頭の片隅にいれておき、チャンスがきたらぜひ活用してみてください。

独学英会話
スポンサーリンク
記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください
スポンサーリンク
無職でNY

コメント