【保存版】外資系企業の役員肩書まとめ!CEO,COO,CFO,CIO,CTO,CKO,CPO,CMO

外資系の肩書簡単まとめ キャリア

国際結婚で、毎年NYへの帰省を余儀なくされた27歳会社員。妻子への責任と、働きたくない気持ちの狭間で揺れ動くセルフィッシュジャパニーズ、妻はポーランド人。

記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください

略称を多用されると苛つく、うめしです。

外資系企業はもちろん、ベンチャー企業やスタートアップ企業と呼ばれる会社でよく使われるCから始まる三文字の肩書。
正直言って違いがわからないので、会話の中で多用されると苛つきます困りますよね。

実はこのCから始まる三文字の肩書には簡単な見分け方があるんです!

今回の記事では今更聞けないビジネス基本知識である役員の肩書をまとめました。
 
 
キャリアに関する人気記事はこちらです。

【保存版】英文履歴書(レジュメ・CV)の書き方とポイント【例文有】
初めて英語で履歴書を書く方必見!選考する側とされる側を経験した筆者が、テンプレートと例文をもとに簡単解説!海外への転職や外資系企業に受かるための必勝テクニックも合わせてご紹介。職歴の書き方からスキルの盛り込み方まで、就職転職を成功させるための【保存版】です。
外資系企業とは?就活生と転職組が知っておくべき基本知識と落とし穴
日系企業に勤める能力がありません、うめしです。 外資系と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。 英語が話せるとか、国際的な企業であるとか、色々な印象があるかと思います。 実際は日系企業と外資系企業の違いを説明できない人も少...

 
 

スポンサーリンク

外資系企業の役員肩書簡単見分け方!

外資系役員肩書CEO,COO,CFO,CTO,CIO

「C●O」=「Chief ● Officer」の略称です。
つまり、この●部分にだけ着目すれば違いは一目瞭然!

例えば「CEO」を日本語に訳す際は「最高経営責任者」と訳されるのが一般的ですが、全ての「C●O」は「最高●責任者」と訳すことができます。
これだけ先にわかっていればあとは簡単です!

下記に有名どころをまとめましたので参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

「CEO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Executive Officer(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)」の略称で「最高経営責任者」を意味します。
役割は会社の経営方針や経営戦略を決めて、会社の未来に責任をもつ会社の代表です。

日系企業でいうところの「代表取締役」であり、取締役会の監督の下で会社の業務執行を統括する立場にあります。
ほとんどの場合は社長が兼任をしていますが、会長が兼任をしている場合もあります。
イギリスでは「MD(Managing director)」が使われたり、非営利団体では「ED(Executive director)」が使われたりします。
「CEO」に関する詳しい説明は下記記事を参考にしてみてください。

CEO(最高経営責任者)とは?社長との違い、意味と役割を簡単解説!
ビジネスが国際化するにつれて、肩書も国際化がすすんでいますね。「CEO」ってなに?意味と役割「社長」との違いは?「代表取締役」はなにをしていて、「最高経営責任者」はなにをしているの?一見複雑そうにみえる「CEO」について簡単解説します!

 
 

スポンサーリンク

「COO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Operating Officer(チーフ・オペレーティング・オフィサー)」の略称で「最高執行責任者」を意味します。
役割はCEOが決めた経営方針や経営戦略を実践して運営していくことです。

日系企業では社長がCEOとCOOを兼任していたり、副社長や専務がCOOの責務を担っていたりします。
CEOの右腕として重要なポジションではありますが、CEOと行動を共にすることが多くスネ夫的な雰囲気を醸し出します。(個人の感想です)
CEOが未来を決めて経営していくのに対し、COOは現実に実践して運営をしていくといった違いがあります。
 
 

スポンサーリンク

「CFO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Financial Officer(チーフ・ファイナンシャル・オフィサー)」の略称で「最高財務責任者」を意味します。
役割は財務に関する業務執行(そのまんま)です。

深く考えることはありません。経理の一番偉い人です。
CEOやCOOが経営や運営をしていくのに対し、財務の面をスペシャリストとして支えているイメージでしょうか。
CFOの代わりに財務担当副社長(vice-president of finance)を置いている会社もあります。
 
 

スポンサーリンク

「CIO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Information Officer(チーフ・インフォメーション・オフィサー)」又は「Chief Insights Officer(チーフ・インサイツ・オフィサー)」の略称で「最高情報責任者」を意味します。
役割は経営戦略に沿った情報戦略やIT投資計画をたてることです。

「最高情報責任者」というと情報を管理していそうですが、情報システム部門の責任者とは別で設けて監視している場合が多いです。情報漏洩への防止策ですね。
レポートラインはCEO又はCFOであることがほとんどです。
経営戦略に合わせたマーケティング能力やIT知識が必要とされる立場でもあり、情報化社会に合わせて重要性が増したポジションだと言えるでしょう。
 
 

スポンサーリンク

「CTO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Technical Officer(チーフ・テクニカル・オフィサー)」又は「Chief Technology Officer(チーフ・テクノロジー・オフィサー)」の略称で「最高技術責任者」を意味します。
役割は経営戦略に沿った技術戦略、研究開発の立案から実施、監督です。

技術的な役割に焦点をあてたポジションで、CIO(最高情報責任者)と重なる部分もあります。
会社によってその立場や役割は様々ですが、複雑で専門的な技術に特化した能力と知識が求められるポジションです。
ソフトウェア開発やIT関連の会社ではその重要性が非常に高く、まさに開発技術職の最高峰といったところでしょうか。
 
 

スポンサーリンク

「CMO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Marketing Officer(チーフ・マーケティング・オフィサー)」の略称で「最高顧客市場分析調査責任者」を意味します。
役割はマーケティング部門における統括責任者です。

日系企業では広報部長という肩書が近いかもしれません。
企業におけるマーケティング活動の最適化と効率化が主な職務となります。
特に近年はSNSなどを利用したマーケティング活動が注目されるなど、常に流行に敏感である必要があります。
会社の顔として表に出る機会も多いので、日系企業ではお洒落なイメージをもつ若者から人気な一面もあります。
 
 

スポンサーリンク

「CPO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Privacy Officer(チーフ・プライバシー・オフィサー)」の略称で「最高個人情報責任者」を意味します。
役割は企業における個人情報の保護です。

企業内での個人情報の取り扱いや、個人情報を保護するための仕組みを構築、運用、管理する責任があるポジションです。
情報化社会においては、個人情報には高い価値があるため責任の重い立場とも言えます。
ちゃんとした資格も存在しているのですが、お金を生み出す立場ではないためあまり脚光を浴びることはありません。
 
 

スポンサーリンク

「CKO」はなんの略称?意味と役割

「Chief Knowledge Officer(チーフ・ノレッジ・オフィサー)」の略称で「最高知識責任者」を意味します。
役割は企業における知識の保存と活用です。

ノレッジ・マネジメントという経営手法があります。
個人の持つ知識や情報を組織で共有し、有効活用して業績をあげるという考え方です。
情報を扱うという点ではCIO(最高情報責任者)と同一視されそうですが、CIOが経営戦略に沿ったIT戦略を立案、実施するのに対し、CKOは社内の知識やノウハウを必要なチームや組織全体にシェアする役割があります。
大きな企業であればあるほど、情報は各部署に滞りがちで適切な共有がされません。
社内にある知識やノウハウを最大限生かす役割を担っているポジションです。
 
 

キャリア
スポンサーリンク
記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください
スポンサーリンク
無職でNY

コメント