白人妻、何が何でも大阪を愛す。

大阪 白人妻

国際結婚で、毎年NYへの帰省を余儀なくされた27歳会社員。妻子への責任と、働きたくない気持ちの狭間で揺れ動くセルフィッシュジャパニーズ、妻はポーランド人。

記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください

人混みが苦手、うめしです。
 
 
つい先日、妻が大阪に行きたいとしつこく言ってくるので行ってきました。

グリコ
グリコの足を間違える妻と、騒音の中で爆睡する息子です。
 
 
私は人混みが苦手なので、東京はもちろん大阪もあまり好きではありません。

ですが、私の妻はOSAKA LOVE!!
日本在住の外国人の友人達も口をそろえて「大阪は楽しい!」と言います。
 
 
大阪の何がそこまで外国人たちを惹きつけるのか!実際の意見をもとに調査してみました。
 
 

スポンサーリンク

大阪は日本国内第一位の観光都市!?2018年度1-3月期調査結果

な、な、なんと!
最新情報で大阪は都道府県別訪日外国人観光客の訪問率第一位です!

参照:観光庁の訪日外国人消費動向調査
 
 
人気だとは思っていましたが、東京をおさえて一位とは。
びっくらこきました。

都道府県別で訪問率が高かったTOP5がこちら。(複数回答可)

  1. 大阪府―39.1%
  2. 東京都―37.2%
  3. 千葉県―29.6%
  4. 京都府―26.8%
  5. 福岡県―12.0%

大阪は全体の40%を占める勢いですね。
千葉県はディズニーランドがある影響が大きいでしょうか、京都までの四強はさすがの面々といったところ。

なんだか四天王みたいで調べるの楽しくなってきました。中二病だよ。
 
 
ちなみに、観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、2017年度の都道府県別外国人訪問率で大阪は東京に次いで第二位。
 
 
2018年は遂に東京を抜いて堂々の第一位です。

なにがそこまで外国人を惹きつけるのでしょうか?
 
 

年齢別の人気都道府県はどこだ!

海外の若者が好きな都道府県と言えばどこでしょーか?

OSAKAだよっ☆

道頓堀

20代からの支持が圧倒的です。
第一位が大阪府で40.1%、次いで東京都37.3%、福岡県35.3%と続きます。

これは一大ブームが来ていると言っても過言ではないでしょう。
 
 

スポンサーリンク

大阪の魅力は何と言っても人間性?

日本にきた外国人の日本人に対する印象はだいたい二分されます。
 
 
「日本人は誠実だしすごく親切。みんな優しくしてくれたよ。」

「日本人はあまり会話をしたがらないし、すごく冷たい印象だったよ。」

『明るく親切な日本人』『暗く冷たい日本人』ですね。
 
 
個々の性格や言語の壁もあるため一概には言えませんが、大阪を訪問した外国人が口を揃えて言うのは『明るく親切な日本人』の方です。

言語が通じずとも、コミュニケーションをとろうという姿勢がとても好印象だという意見もありました。
 
 
クラブでも面白おかしく気を引こうとしてくるあたりは、やはり大阪の人間性でしょうか。

外国人女性の友達はみんな東京よりも大阪のナイトクラブが楽しいと言います。
下手な英語でかっこつけて絡んでくる人よりも、面白さで勝負してくる大阪人の方が外国人女性受けがいいようです。

ただ、掴みが良くても次がないパターンが多いのも事実。
外国人女性とデートしてみたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

外国人女性と日本人女性、デートの違いは?
初めての外国人女性とのデートで何をどうしたらいいかわからない。でも、好かれたい!欧米の女性ってデートに何を求めているんでしょうか。妻と友人から得た情報をもとに、リアルな国内在住外国人女性の声をお届けします。お別れのキス、あなたはしますか?しませんか?

 
 

スポンサーリンク

外国人も粉もん大好き大阪フード!たこ焼き!お好み焼き!

大阪フードは安くて美味いというのも大きなポイントです。

特に、たこ焼きやお好み焼きなどの粉もの人気はスゴイ!

たこ焼き

実際、妻と大阪へ行くとひたすらたこ焼き食べてます。
わざわざレストランに入らなくても楽しめちゃうのがお手軽でいいですよね。
 
 
私の妻はポーランド系アメリカ人ですので、もちろん主食は米ではありません。

粉もんはどちらかといえばパンケーキやパンに近く、外国人に受け入れやすいようです。
特に、味付けの濃さはアメリカ人受け最高ですね。
 
 
旅行中、食文化の違いは連れて歩く側の負担になります。
私も妻の家族とは食文化の違いで苦労しました。

白人妻の家族と食文化の違い、我慢する?
外国人家族ができると、食文化の違いで苦労することもありますよね。どうしたら傷つけずに伝えることができるのか。努力はしたけど、我慢の限界!ポーランド系アメリカ人の妻をもつ筆者が、笑える失敗談をもとに、誤解のない食文化への相互理解の方法をお伝えします。

ですが、大阪フードが外国人に受けなかったことはありません!

大阪に連れて行けば、飯は楽しめるし、人は面白いし、連れていく日本人側の負担が軽いという利点がありますね。
 
 

スポンサーリンク

大阪のごちゃごちゃ感はまるでマンハッタン?!

妻が「大阪はマンハッタンみたいだから好き。」と言った時に、「いや、そんなたいそうなもんじゃない。」と間髪入れずに返した私です。
 
 
が、よーくイメージしてみてください。
確かに道頓堀の雰囲気とマンハッタンの雰囲気ってちょっと似てるんです。

大阪

タイムズスクエア

ほっほらぁ、(次元は違うけどごちゃごちゃしてる感じが)似てるじゃん。
 
 
でも、この何というか「どこに何があるのか一目でわからない!」感じが面白いのだと思います。

てんこ盛りだからこその魅力ですかね。

日本人には見慣れた看板でも、外国人からすれば歩いて探検してみたくなるミステリアスさがそこにあるのだと思います。
 
 

スポンサーリンク

大阪を愛する白人妻の意見まとめ

私の妻と友人達の意見をまとめるとこうです。

  • 大阪の人は面白くて親切!
  • とにかく大阪フードが美味くて安い!
  • 街も人も陽気で楽しい雰囲気が最高!

記事を読んで頂いた方には、日本人の大阪に対するイメージとは似て非なるものであるのがおわかり頂けるかと思います。

外国人にとって日本は外国であり、他の日本国内都市での経験を比較対象とした時、大阪のオープンで明るく陽気な雰囲気がより際立つんですね。
 
 
2025年には大阪万博を控えている観光大都市OSAKA!

生真面目でヲタクなイメージが強い日本の印象を大きく変えてくれるかもしれませんね!
 
 

白人妻
スポンサーリンク
記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください
スポンサーリンク
無職でNY

コメント