英語で日付、月、日、曜日の書き方まとめ【保存版】

英語で日付 独学英会話

国際結婚で、毎年NYへの帰省を余儀なくされた27歳会社員。妻子への責任と、働きたくない気持ちの狭間で揺れ動くセルフィッシュジャパニーズ、妻はポーランド人。

記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください

覚える気がない、うめしです。
 
 
ビジネスでメールや文章を書くときに、いつも戸惑うのが日付の書き方です。

カジュアルとフォーマルな表現にプラスしてアメリカ英語とイギリス英語でも違いがあります。

でも、そんな細かいこと覚えていられない。
 
 
今回は英語での日付の書き方や略記、使い分けなどをまとめましたので、ぜひブックマークしてご活用ください。

私のように覚える気がない人のために捧ぐ…。
 
 
英語学習にご興味のある方はこちらの独学英会話の記事をどうぞ。

独学英会話
留学経験無し!海外在住経験無し!独学で学んだ英会話についての記事です。英語は試験で点数を取るためのものではなく、人とのコミュニケーションツールだと考えています。海外の方と英語で交流してみたい、友達がほしい、そんな方の助けになるような記事を心掛けています。

 
 
使い分けを表にまとめた【保存版】は目次からとんでください。
 
 

スポンサーリンク

【国別】英語で書く日付

英語で日付

日本では【年・月・日】の順番が一般的です。

この記事を書いた日付でいえば、「2019年1月15日」と書くことが多いかと思います。

これが英語では順番が違ううえ、アメリカ英語とイギリス英語でも順番が違ってきます
 
 

アメリカ英語で日付の書き方

アメリカ英語での日付を書く順番は【月・日・年】です。
 
 
「2019/1/15」であれば「1/15/2019」となります。
 
 
誤解を招くのが心配な場合は月を数字ではなく英語で書くことをおススメします。

「Jan/15/2019」

これであれば、国際的なビジネスの場でも誤解を防ぐことができますね。
 
 

イギリス英語で日付の書き方

イギリス英語での日付を書く順番は【日・月・年】です。
 
 
「2019/1/15」であれば「15/1/2019」となります。
 
 
アメリカ英語同様、月を数字ではなく英語表記に変更可能です。

ヨーロッパ圏の方だとこだわってイギリス英語を使う方もいらっしゃるので、誤解がないようにしたいですね。
 
 

スポンサーリンク

【シーン別】英語で書く日付

カジュアルな日付の書き方

単にスラッシュで数字を区切る方法が一般的です。

アメリカ英語の場合は「1/15/2019」
イギリス英語の場合は「15/1/2019」

 
 
ちなみに、さらにカジュアルになると年を省略します。

「15/1/19」or「1/15/19」

日本では年月日の順で書くため混乱するかと思いますが、アメリカもイギリスも年が最後なのでそこだけ気を付けましょう!
 
 

フォーマルな日付の書き方

スラッシュを使用せず、月は省略しない英語表記で書きます。

アメリカ英語の場合は「January 15th, 2019」
イギリス英語の場合は「15th January, 2019」

 
 
thを省くことも可能です。

カジュアルな書き方よりも誤解を生む可能性がなく、丁寧ですね。
ビジネスでのメールや文章にはこちらを使用するように心がけましょう。
 
 

スポンサーリンク

【保存版】英語での日付の書き方まとめリスト

基本的に下記の4パターンをおさえておけば大丈夫です。
 
 

使用シーン 日付の書き方
アメリカ英語&カジュアル 1/15/2019
アメリカ英語&フォーマル、ビジネス January 15th, 2019(th省略可)
イギリス英語&カジュアル 15/1/2019
イギリス英語&フォーマル、ビジネス 15th January, 2019(th省略可)

 
 
月の英語表記は省略したかたちでも使用できます。
下記の表をご参考ください。
 
 

スポンサーリンク

【保存版】月の省略形まとめリスト

アルファベットでの月の書き方は長ったらしいので、省略形が多用されます。

先頭の三文字にピリオドをつけるだけなので、一緒に覚えてしまうと簡単です。
 
 

日本語 英語 英語省略形
1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May May(省略無し)
6月 June Jun.
7月 July Jul.
8月 August Aug.
9月 September Sep.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.
独学英会話
スポンサーリンク
記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください
スポンサーリンク
無職でNY

コメント