英語で『探す』はなんて言う?シーン別シンプル例文で簡単マスター

国際結婚で、毎年NYへの帰省を余儀なくされた27歳会社員。妻子への責任と、働きたくない気持ちの狭間で揺れ動くセルフィッシュジャパニーズ、妻はポーランド人。

記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください

探し物はなんですか、うめしです。

「探す」の英語表現で最も定番なのが「look for」です。
これだけでほとんどの状況に適応できるので、細かい表現の使い分けに自信がない人も多いのではないでしょうか。

かく言う私も自信がなかったので、今回の記事では「探す」の英語表現をシーン別にまとめてみました。

英会話中でも直感で使い分けができる!シンプル例文を元に「探す」の使い分けをマスターしましょう!
 
 
この記事を読んでいる方に人気の記事はこちらです。

【独学英会話】国内在住、留学未経験でも話せるようになった勉強法
社会人になってから始めた英語学習で、ペラペラに話せるようになった英語勉強法を徹底解説。お金をかけなくても英会話は独学で身に着けることができます!中学英語で止まっていた筆者が、たった数年で日本にいながら英会話を習得した㊙テクニック!
『特徴』を英語でどういうかわかりますか?
『特徴』とは他と比べて特に目立つ点を意味します。英語には『特徴』を意味する言葉が多く存在していますが、言葉それぞれの意味を理解していれば使いこなすのは簡単です。どういった特徴には、どの英語が適しているのか、例文をマスターして英会話力を鍛えましょう!

 
 

スポンサーリンク

英語で探すの定番【look for】

look for, search, seek, hunt for

look forは比較的見つかりやすいものを「探す」場合に使います。

冒頭でも紹介した通り、何かを探す場合に日常英会話で頻繁に使われる定番表現です。
目に見えるものや知り合いを探す場合など幅広く使うことができ、「このお店に好みの服あるかな」といったカジュアルな雰囲気から、「なくしたものを探している」といった場合でも使えます。
現状探しているというパターンが多いため、be動詞 looking forの形で使用されるケースが多いです。

“I am looking for my phone.”
「私は自分の携帯電話を探しています。」
“I will look for a place to live from this November.”
「この11月から住む場所を探します。」

 
 

スポンサーリンク

調べる=しっかりと探す【search for】

search forは徹底的に「探す」場合に使います。

調べて探したり、部屋の中を隅々まで探すようなイメージです。
look forとの違いは、見つかりづらいものや見つかるかわからないものを探すところで、search=検索するというイメージと近いかもしれませんね。
探している度合いの真剣味が違うと理解できていると、使い分けがしっかりできますね!

“I am searching for my wallet.”
「私は自分の財布を探しています。」
“I am not good at searching for information.”
「私は情報を調べるのが得意ではないです。」

 
 

search forの注意点【search】

search Aと言う場合は、「Aを探す」という意味ではなく「Aの中を探す」という意味になります。
ここの理解を間違えていると、何を探しているのか伝わらなくなってしまうので気をつけましょう。

“My mom is searching my bedroom for my key.”
「お母さんは私の寝室で私の鍵を探しています。」
“We searched everywhere for my phone but we couldn’t find it.”
「みんなで私の携帯電話をそこらじゅう探したけれど、見つけられませんでした。」

 
 

スポンサーリンク

形がないものを探す【seek】

seek

seekは形がないものを得ようとしたり求め「探す」場合に使います。

基本的に形があるものを探す時には使いません。
また、look forやsearch forよりもよりフォーマルな表現です。

“He is just seeking the truth。”
「彼はただ真実を求めています。」
”I am seeking the path to the end of the universe.”
「私は宇宙の果てへの道を探し求めています。」

 
 

スポンサーリンク

仕事などを熱心に探す【hunt for】

hunt forは目的のものを「探す」場合に使います。

huntというワードから狩猟をイメージされる方も多いのではないでしょうか。
まさにその通りで、目的のものを狩りに行くイメージから、異性や仕事を探す時にも名詞形として使われる場面が多いです。

“I hunted all over my room for my missing ring.”
「私はなくした指輪を部屋中探しました。」
“He is on the hunt for a better job.”
「彼はもっといい職を探している。」

 
 

スポンサーリンク

「探す」を意味する英語表現まとめ

今回の記事では「探す」の英語表現をまとめてみました。
どれも似ているけれど、ちょっとしたニュアンスの違いで使い分けができます。

【look for】見つかりやすいものを探す
【search for】見つかりにくいものを調べて探す
【seek】形がないものを求める
【hunt for】獲物を追いかけて探す

「探す」は日常的に使用する表現なので、使い分けをしっかりマスターして覚えておきましょう。
記事内に使いやすい例文をたくさん入れてみたので、使用する場面を想像しながら練習してみてはいかがでしょうか?
 
 
英語関連で人気の記事はこちらです。

【保存版】英文履歴書(レジュメ・CV)の書き方とポイント【例文有】
初めて英語で履歴書を書く方必見!選考する側とされる側を経験した筆者が、テンプレートと例文をもとに簡単解説!海外への転職や外資系企業に受かるための必勝テクニックも合わせてご紹介。職歴の書き方からスキルの盛り込み方まで、就職転職を成功させるための【保存版】です。
文化の盗用(cultural appropriation)の意味、何が問題なの?
アリアナグランデさんのタトゥーでも話題になった、文化の盗用(cultural appropriation)とは英語でどういう意味?何が問題なのでしょうか?ニューヨーク出身のネイティブスピーカーに話を聞きながら、日本人には馴染みの薄い文化の私物化に関して徹底解説!

 
 

独学英会話
スポンサーリンク
記事が面白かったらぜひうめしをフォローしてください
スポンサーリンク
無職でNY

コメント